2018年03月31日

小鯖正田山・山口市

kosaba30331.jpg
山口市小鯖にある市民野外活動広場のローラーすべり台で全長は約46mです。さらに桜や緑、広がる田園風景には気持ちも和み 日常の喧騒を忘れたひと時を楽しむことができます。
題名は「無心」
長い滑り台に子どもたちがはしゃぎます。
Yasuyo
posted by 広兼高士 at 16:47| Comment(0) | 山口 防府 阿東の紹介

2018年03月26日

リュウノヒゲの実・岩国市美和町

一般的に植えられているのは「タマリュウ」だそうで、背丈は低く10cm程度で密集しています。これは「ジャノヒゲ」と言います。
めったにないのですが実が大きく(7mm前後)、葉は30cmくらいまで成長、子供時代にこの実を見つけると喜んでいました。

jyanohige304.JPG
「青い真珠」
ジャノヒゲの実は急斜面にあり足場が悪く写真はこの程度です。
Hirokane
タグ:自然
posted by 広兼高士 at 08:48| Comment(0) | 花植物

2018年03月24日

嵩山(だけさん)の頂上・周防大島町

周防大島町「嵩山(だけさん)」は標高は619m、写真はその頂上にあるハングライダーのスタート台です。
道路はついていますが道幅は狭く急こう配です。

takeoff326.JPG
「大空に飛ぶ」
飛びたくても、飛び立つ勇気はありません。
Hirokane
posted by 広兼高士 at 18:34| Comment(0) | 山の風景

2018年03月20日

桃太郎通過・岩国市由宇駅

桃太郎
「勇姿」
日本を代表する貨物列車専用機関車の桃太郎です。
Hirokane
タグ:鉄旅
posted by 広兼高士 at 10:16| Comment(0) | 岩国 和木の紹介

2018年03月17日

梅の瑠璃光寺・山口市

baikaniukabu30.jpg
「梅花に浮かぶ」
春、梅の花に浮かぶ国宝五重の塔。
Yasuyo
posted by 広兼高士 at 15:24| Comment(0) | 山口 防府 阿東の紹介

2018年03月15日

大星山展望台・平生町

周防灘は古くは瀬戸内海交通の要衝でした。船舶技術が未熟だったころ、瀬戸内海を行き来する船は、島伝いに九州と本州を行き来していたようです。

himeshima303.JPG
「姫島を写す」
大星山より遠く姫島(大分県)を写してみました。左のなだらかな傾斜は国東半島です。
Hirokane
posted by 広兼高士 at 13:06| Comment(0) | 平生 上関 田布施の紹介

2018年03月12日

大畠の海・柳井市大畠

oobatake303123.JPG
「釣り船と灯台」
ゆったりとのどかな海、釣り船と灯台の風景です。
Hirokane
posted by 広兼高士 at 18:45| Comment(0) | 周防大島 柳井の紹介

河津桜・周防大島町

周防大島町片添ヶ浜を過ぎた右側にある河津桜です。今年は少し遅いようでいまが満開です。

河津桜
「河津桜満開」
はなやかな春を告げる花です。
Hirokane
posted by 広兼高士 at 18:38| Comment(0) | 花植物

2018年03月09日

秋芳洞の印象・美祢市

hyakumai30310.JPG
「百枚皿の印象」
秋芳洞と言えば百枚皿、美しい黄金の輝きです。

秋芳洞
「霧と光」
この日は温度も湿度も高く、内部の温度差で発生する霧と光を写してみました。

秋芳洞
「天井の印象」
内部の照明に、照らされる天井や鍾乳石がコントラストをつくりだしています。
Hirokane
posted by 広兼高士 at 19:02| Comment(0) | 下関 美祢の紹介

2018年03月08日

山代の季節料理・岩国市錦町

「つみ菜料理・うどんげ」
自然豊かなこの地域の山菜を使った「つみ菜料理」を提供する人気のお店です。場所は岩国市北部の錦町広瀬、団体予約もありご確認のうえお出かけください。

udonge30310.JPG
「季節の味」
自然の恵みが御膳に盛り付けられています。

udonge29636.JPG
「食いしん坊だった頃」
つみ菜をふんだんに入れた「つみ菜カレー」も大変人気があります。

営業日は金土日と祝休日の月曜日、予約されて行かれるたほうが良いと思います。
0827-72-3494
店名の「うどんげ(優曇華)」とはインドに伝わる3,000年に一度咲くと言われる花だとか、仏教の言葉のようです。

「寂地峡・菩提樹」
菩提樹は岩国市錦町宇佐、寂地峡管理棟前の駐車場に面しています。この地域は日本唯一の満州菩提樹の自生地があり、お店の名前はそれに由来するものです。
自慢のワサビ丼は自家栽培の辛みの少ないワサビに鰹節、美味しい醤油でいただくという素朴なものですが、多くの人がワサビ丼を目当てに遠方から来られます。

ワサビ丼
「美の香り」
ワサビはお肌にもよろしいとか。

ayujyu2968.JPG
「清流の味わい」
日本トップクラスの宇佐川の鮎、その鮎を蒲焼にして鮎重でいただく。

ただ、鮎重は鮎が大きくなる時期からの営業で、7月20日頃から、状況により異なりますのでお確かめください。
営業日は金土日月のお昼中心です。
Hirokan
タグ:食事
posted by 広兼高士 at 17:55| Comment(0) | 食事 料理

PAGE TOP